「心地を描いて形を作る」 「Seat Design for Ridung Pleasure」

 

 TEL.03-3959-9648 〒174-0074 東京都板橋区東新町1-38-16


: トップページ : コンセプト : 会社案内 : スタッフ紹介 : アクセス : コラム : 商品紹介 : ブログ : 料金 : お問い合わせ :

: よくある質問 : メディア : 特定商取引 : ご依頼 ご注文の 流れ :



DUCATI Multistrada1200S ムルティストラーダ シート加工 紹介





DUCATI Multistrada1200S ムルティストラーダ 

スポンジ形状の最適化(足つきを良くする加工など)

加工料金 2万8000円 + 税

納期 受注後 6日 程度


   電子メールでの問い合わせは
 こちらをクリックしてください



Multistrada1200Sシート加工 紹介

オーダー内容は、、、。

シート高が低くなりませんか?と問い合わせが多くあります。


お答えとして

シート高はあまり低く出来ませんが、、、

足つきが良くなりますし しっかり踏ん張りが効くようになります。

それと タンクよりにもう少し前側にポジションが移せるようになります。



加工内容と部品のマッチングの説明として、、、


DUCATI専門店ではありませんからパーツの詳しい番号等はお伝えできませんが

おおよそこのような感じと受け止めてください。 



日本仕様の純正シートとDUCATIパフォーマンスの低いシートがあるのですけど

どちらをどのように調整したら良いか教えてください。と聞かれますが

結論から申し上げます

日本仕様の純正標準シートを加工したほうが トータルバランスに優れていると思われます

ドカパフォのローシートは確かにシート高は低くなっておりますが

スポンジのストローク量が極端に少ないのでゴツゴツした感じになると思われます。




シートもスポンジが入っておりますのでクッション性があります。
「底付き」サスペンションなどではよく使われる単語です
同じことなのですが ドカパフォのローシートは座った瞬間に「底付き」になってしまうのでアップライトポジションのオートバイでは
体重がお尻にかかる割合が多く ツーリング向きではありません。



DUCATI基準ですとスーパースポーツが得意ですから
社内では こんなにスポンジストロークがあれば御の字!って言うことだと思うんです。

スーパースポーツ系はステップとハンドルに体重が多くかかる設定になってますが
ツーリングモデルはシートに体重が多く掛かる傾向になります。 

ムルティストラーダはオールマイティーに使えるポジションですから
シート形状も日本人体系にあわせた乗車位置で
楽に足が出せて心地良い感じにスポンジ形状を最適化すれば
良いのではないかと思われます

私の感覚では、、、。
日本仕様の標準シートや本国仕様のハイシートを加工すると かなり上質に仕上がります。



ムルティストラーダ1200Sのシートは意外と多く加工をしておりますが、、、
なかなか評判が良いですよ。

ポイントは 少しガソリンタンク側(前より)に移動ができ足を出しやすくする形状となります。
(足が25mmぐらい伸びたような感じになると思います。)
車体が軽いので 峠やコーナーが非常に楽しく
シートが変わると より一層コントロールが楽しくなります。


河名シート製作所はお客様からオーダーを受けた者が
製造・加工・仕上げ・検品・出荷まで一貫して業務を承りますので
オーナー様の身長と体重等が わかれば とても使いやすい 最適な形状に調整・加工を施して
お客様にお渡しいたします。



加工後のシート使い方は、、、
渋滞時や町乗り時は 前寄りに意識して乗っていただき 足つきを優先できます
高速道路等のロングラン時は シート後方に座っていただければ お尻にも優しく快適です
峠等のアグレッシブな運転時は ガソリンタンク側面とシートの側面のつながりが良く
内腿に触れる感触が素晴らしく バンク中でもシートスポンジの形状が広く感じるような
緩やかな曲線を描いておりますので コーナーリング中もコントロールがしやすく 楽しく操作できます。



いかがでしょうか?

例えば 
運行前点検で行なう バックミラーの調整 や クラッチレバー等の動き タイヤの空気圧の確認 等 と 同じような
自分に合わせて調整する考え方を
座席でも行なうことが出来るのではないか と思われます。
自動車でしたら 高級車から農耕車両まで 座席の調整が出来ます。
オートバイに関しては 座席の調整が必要であるにもかかわらず
調整がしにくく 専門のお店に頼らなくては無くてはならない感じがいたします。

こちらのサイトをお読みになっている方々は意識が高く 紳士的な方々が多いと思われますので
オートバイ車両であっても 自分に合った着座位置で オートバイと触れ合う 事をお勧めいたします。

シートを調整することによって ナイス ライディング & セイフティー ライディング に繋がります。 


河名シート製作所のポリシーは

「心地を描いて形を作る」 ですが お客様がいなければ始まりません。

ベテランの方 ・ 初心者の方 ・ リターンライダーの方 これから始めようという方

些細な事でも相談してください
豊富な経験と実績がありますから アドバイスが出来ると思いますし
一緒に問題を解決しましょう。


皆様のご要望に全力で対応いたします。
お気軽に連絡をください。

よろしくお願い申しあげます


河名シート製作所
サドルコンサルタント 小野寺誠






 DUCATI ムルティストラーダ パイクスピーク仕様

 




オーナー様(鈴木様)のご要望によりシートを調整しました。

(本国と同じシート高なのでHiシートが装着されております)


オーナー様より コメントをいただきましたので報告いたします。

---------------------------------

河名シート 様



先日は我が愛機 ドゥカティムルティパイクスピークのシート調整、ありがとうござ
いました。



年明けに念願のムルティパイクス仕様が納車されわくわくして跨ったところ、

両足がどうにもツンツン状態、(困・・・ちなみに175cm/74kg)

12年ぶりのリターンライダーということも相まって

「怖さ」とこけたらいかんという「不安」はMAX!

しかも1日ツーリング行ったらその後半日以上内腿が筋肉痛。

このままじゃ憧れのムルティをきらいになっちゃいそう

こりゃいかんということで一念発起お願いにあがった次第です。



御社の名前は以前より存じ上げておりましたが正直

シート加工、あんこ抜きってなんとなく胡散臭いイメージでしたが

その出来栄えにあっぱれ、感服いたしました。

まさに河名マジック!!!

最初、相談した時

「ともかく足つき性を良くしたい」

「シート高を下げるというよりシート幅の調整がいいのでは」とお話ししましたが

小野寺さんも同感のようで

下げずに適所調整で的確に応えていただきました。

両かかとがべたつきとまではいきませんが安心感が段違い!

やっと普通のマシンになった印象です。(完璧)

唯一のネガな部分が解消されました。

あとはライテクを磨くのみ



価格もリーズナブル、納期も迅速で

足つき、乗りごごち、座りごごちに不安不満なライダーには

間違いなくお勧めできます。



本当にありがとうございました。



鈴木俊和

-------------------------------------------------------------------
鈴木様
コメント ありがとうございます。
気に入っていただけたこと 大変感謝しております。
何かありましたら 気軽に連絡をください。
おみやげはいりませんので
ツーリングの帰りにでもお越しください。
一緒にコーヒー飲みましょう!

河名シート製作所 小野寺
-------------------------------------------------------------------